« 日はまた昇る。 | トップページ | 祝!東京オリンピック »

2013.05.10

日差しが強い。ドル円100円記念。

こんばんわ。Kumaです。

今日は東京は日差しも強く、汗ばむ陽気でした。
さて、1ドル100円もきましたね。日が昇るペースが速く、長期で予想していたレンジ、100円(達成)と15000円(接近)という早さです。

黒田さんの施策を見ると、ドル円は105円程度に誘導したいのかな?と考えており、当然、相場は行き過ぎますので、110円とかあるのかもしれませんが、過度の円安もいろいろ弊害があるで良い水準ではないでしょうか。(120円とかは、やりすぎかと思います。)

GOLDに関しては、相場が終わったとの事で急落がありましたが、相変わらず買い増しの一本です。私は円建てでみてますので、日銀の緩和が出口戦略(4~5年後?)を検討始めた段階で、増やす・そのまま・減らすの三択から選ぶ事にします。

企業業績が、好調というわけでも無いのに、なぜ株があがるのか疑問に持っている方も多いかと思います。

(上がる理由1:円安)
80円から25%円安になってますので、25%日経平均が上昇してドル建て価格がトントンなので、その値幅分は上がった分に入らないという事です。高所恐怖症の人は、円安の分、差し引いて指数を見るといいと思います。

(上がる理由2:緩和:日銀の株買い)
黒田さんの緩和で、日銀が月次の株の買増しを増額しています。将来に向けて安定した買い手がいると、投資家から見るとリスクが減った事になります。PERの上昇を受け入れられるということですが、たとえば、いままで配当利回り2%じゃなきゃ割りにあわなっかた投資が、1%でもいいか!という事になり、この例で言えば、投資対象は2倍まで値上がりします。それでやっとイーブンというこです。

ということで、日経平均14500円といのは、まだまだ上記の効果が反映されている過程で、ただの金融相場であり、今後、企業業績が回復し、増配されれば、株価はどんどん吹き上げる事になります。前述の例にあわせていえば、例えば、今まで5円増配した企業の株価が15%上がっていたとすれば、現在は投資家のリスク許容度が高まって(日銀が買うのでPERの上昇を受け入れられる)いますので、同じ増配でも30%あがる事になります。
結果、驚くほど上昇する場面が出てくることになります。

さて、数年後、、、、10年以上前にも思ってましたが、日経平均4万円が見られるかもしれませんね。(その時はドル円105円では無いと思いますが。)最近の上昇で上げ相場しか知らないカリスマ投資家が竹の子のように増えていると思いますが、長くこの世界にいるとまた同じ事を繰り返しているだけです、ハイ・レバレッジで資金を増やす博打も小資金の博打では必要な時もありますが、ある程度余裕ができたら身の丈にあったロットに変更すべきです。資金管理ができない投資家が生き残ったという話は聞いたことがありません。Kumaも一晩で1口座を吹っ飛ばした経験があります。(口座を複数に分けておくのは当たり前ですよ。システムトラブルもありますので。)

2008年夏に厚く買い増ししたGOLDは800ドル台でした。先日の急落でも1200ドル台、今は1400ドルあたりでしょうか。当時、ドル円60円/日経6000円説を書きましたが、実際は75円、7000円でした。ドル円115円前後に示した数値ですので、なかなか良いとこいってるでしょ。って手前味噌ですが思ってます。

さて、取り留めの無い話になってきました。年始に相談を受けた方には、たいていは何を買っても上がりますよと、お伝えしています。塩漬けもヤレヤレ売りをすると、その後、倍に上がりますよと言っています。指数だけ見ると、1000円~幅の調整があってもいいのかな?と思いますが、前述の事情もあり、世界中から資金が順番に入ってきている感じですので、まだまだそんな水準では無いのかもしれません。

セクター毎の循環物色で日柄で調整をしているという理解でいますが、金融相場ですので、銀行株が動き出すのを待っています。みずほ500~1000円!を1つの目標にしています。

では、これから食事して寝ます。不健康、、、

|

« 日はまた昇る。 | トップページ | 祝!東京オリンピック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日はまた昇る。 | トップページ | 祝!東京オリンピック »