« ジリ高トレンド | トップページ | 米市場休場 »

2007.07.03

英ファンド解散

おはようございます、Kumaです。

 昨日は、寄付き後下値を試すも、18100円割れから切返し、引けにかけて上昇しました。また寄り付き水準はCME日経に届かず、このあたりは想像していたとおりでした。欧州市場はテロによる影響からか、下落基調でしたが、米市場はナス/ダウとも良好な経済指標を背景に堅調な展開でした。原油価格は71ドル台、GOLDも大幅高でした。

 CME日経は18270円で帰ってきており、本日は18300円を試す展開になりそうです。最大18600円前後まであっても良いとみていますが、為替はさりげなく円高ですし(為替は)雰囲気が変ったかなとも思います。仮に18600円に接近したとして、それを維持できるかどうかと聞かれるとスピード違反とも思え、そこからの上値も考えにくく、指数的には日々繰り返していますが、BOXのジリ高という展開であろうと思います。引けで18080円を割れると一度下を試しにいくでしょう。今日は18300円台の壁に阻まれる可能性の方が高いように考えていますので、個別株を処分する予定です。最近は個別企業も業績の下方修正が増加しているようすですので、指数は大幅な下落は考えにくいにしろ、一方的な続伸も難しいと思います。あと、明日の晩は、米市場は休場です。そのため上値追いもしにくいように思います。個別株にはウネリを感じます。銘柄選択が合えば短期でも相応に稼げるでしょう。半分は運です。

 イギリスでは、米サブプライム証券を組み込んだ上場ファンドが解散に追い込まれたそうです。米長期債は5%を割れて推移しており、米国でのサブプライム問題は金利面からは一息ついた状況だと思います。今後、金利が上昇するようなら注意しましょう。米国は、良い経済指標が出て株高が進みそうなときには原油価格が上昇し過熱感を抑え、経済指標が悪化し株価が下落基調の時には原油価格が下落し底支えをするような形で推移しており、商品価格、株価、金利、、、など上手くコントロールされているなぁと感じています。

 為替は日銀が利上げしたとして短期で上下したとしても、基本は円安のように思います。統計データをみると、やはり個人のマネーの海外流出が続いており、日本国民の海外投資やFXブームが去らない限りひたすら円を売りつづける事になりそうです。外人が日本国債でも大量に買ってくれるようになれば話は変わるのかもしれませんので、財務省には営業活動を頑張ってもらいたいと思います。

クリック応援、お願いします。

Kumaがよく利用するPCショップです。初期不良が少なくオススメです。

是非、メールマガジンの登録もお願い致します。
メルマガ登録画面(まぐまぐさん)

Kumaの資料館
Kumaブログ実況掲示板
Kumaブログまったり掲示板


|

« ジリ高トレンド | トップページ | 米市場休場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジリ高トレンド | トップページ | 米市場休場 »