« 戻り売り | トップページ | 見極め »

2007.07.25

(Kumaの資料館より転載)

おはようございます。Kumaです。

 欧州、米市場は大幅に下落しており、為替も円高に動いています。もうちょっとじわっとした下げを想定しましたが、日柄的にもスピードも速い感じで、売り仕掛けられた感じです。

 ずっと警戒していた選挙or日銀利上げの日柄からKumaは、キャッシュポジションを高めており、建玉は1/4以下になっています。調整は長引くと考えていますのでダラダラした下げであれば買いにくい展開ですが、急落となれば一度リバウンド狙いもありでしょう。

 CME日経は75MAを突き破っての下落ですが、時間外でグーグルの決算は良く、グーグル自身は上昇しているようです。26wMAが17650円近辺です。過去、600~630円は抵抗帯でしたので、そこそこの下落であれば、目処かと思います。当然、3月のような物凄い仕掛けの場合はこの限りではありません。

 気をつけたいのは、リバウンド狙いの買いや、高配当銘柄の下値を長期で拾うのはありでしょうが、絶好の買い場と安易に考えてはいけません。仮に収斂しているボラが下方向に発散した場合、テクニカル的には1500~2000円幅の動きとなってもおかしくない状況です。数ヶ月(半年以上?)の調整を経て16600円とか16000前後の下値も想定の範囲と考えておいてください。

|

« 戻り売り | トップページ | 見極め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戻り売り | トップページ | 見極め »