« 意外感 | トップページ | 変調 »

2007.04.19

迷走

おはようございます、Kumaです。

 手を出しづらい相場が続いています。中低位株は動けず、新興市場は崩落中、国際優良株も調整中で、内需、船の一部が上げていますが、この動きをスポットで予想して取ることは困難でしょう。連日の日経225指数の上下への揺さぶりは、CS証券の先物手口のように思いますし、噂では年金資金(?)から現物売りが出ているとの話があります。昨晩は海外市況に変化が見え、DAXを始め、ナスダックも弱含みました。NYDOWのみ、JPモルガンの好決算の影響で新高値を付けています。ただしこのNYDOWという指標は、たった30銘柄のみで構成される指標ですので、日経225平均株価指数以上に、作為的に動いたり、一部の銘柄の影響が大きく出る指数であることはご理解ください。その意味では、書籍でも触れている、S&P500指数と、NASDAQを見るのが良かろうと思います。(昨晩はS&P500は、+0.07%でした。)為替も120円を手前に一服感があります。ドル円で110~120円で固定する、、、というような密約説もありますが、実際の動きを見ると、そのとおりに見えます。

 他、米国で住宅の差し押さえが増えたとか、日本の消費者金融業者の赤字が1兆円に達するとか、いろいろ不穏な話もありますが、それでも調整色が濃厚との動きには見えません。Kumaは、大きな調整を想定しているのですが、最近は振り回されて迷走状態です。プットも目減りが多いので、ここからの積み増しは控えようかなと、揺れ動いています。あとは明確な動きがでてからの順張りが気が楽です。ボラの発散はいつになるのでしょうね?上に発散なら225平均で20000円手前、下なら15000円台となるのでしょう。なんか単純に下に発散するとは言い切れないところが不気味です。

 例えば、含み損のある低位株が1万株あるとします。で、これを売却し、国際優良株や内需、資源株を買って利益が出る可能性もありますが、既に株価位置が高いために調整があった場合、値幅を引かされる可能性があります。その点、低位株は既に底値に近い位置であり下値不安は少なくなっています。中長期投資であれば、また中低位株に資金が回ってくるような相場展開になるまで、放置することが正解のように思います。(既に投げるような株価位置でもない事が前提です。急ぎの利益を狙うのではなく、今以上の損失を未然に防ぐ事を狙った考え方です。)

 かんき出版殿のご好意によりKumaが、書籍「スベらない株式投資」を出版させていただきました。手前味噌な話で恐縮ですが、株式投資を始めた初心者の方には是非、読んで頂きたい内容であると考えています。

書籍をご購入いただいた方は、是非、メールマガジンの登録もお願い致します。
メルマガ登録画面(まぐまぐさん)

Kumaの資料館
Kumaブログ実況掲示板
Kumaブログまったり掲示板

クリック応援、お願いします。


|

« 意外感 | トップページ | 変調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意外感 | トップページ | 変調 »